竹取物語

ようこそ!!

シニアのかぐや姫が語る、日々の出来事・感じた事など・・・。

      またのお越しをお待ちしております。



           

2005.11.11 Friday

かりん酒

毎年、晩秋になると自宅の庭に、かりんが黄色く色付きます。
実は特有の甘い芳香があり、果肉は非常にかたくて生では食べられません。バッド
かりん酒以外に、砂糖煮、シロップ漬などにも。
咳止め、疲労快復などに効く。グッド

材料
     かりん……………500グラム
     氷砂糖……………300グラム
     ホワイトリカー……1リットル(35度)
     レモンの輪切り……半〜1個分

(1)かりんはよく洗い、水けを拭きとり、皮ごと約1センチの厚さの輪切りにする。
(2)広口の保存ビンなどに氷砂糖の半量を入れ、かりんとレモン、残りの氷砂糖を入れ、ホワイトリカーを注ぐ。
(3)ふたを締め、冷暗所に1年ぐらい保存。
 
※ かりんの実は1年ぐらいで引き上げる。
 (長く漬けておくと実が溶けて沈殿する)
※ 1年後ぐらいから美味しく飲める(美しい琥珀色に)。OK

※ かりんと似たマルメロもかりんと同様に果実酒、砂糖煮などに。
※ マルメロは表面に白っぽい綿毛が生えている。


▲ PAGE TOP

COMMENTS

おいしそうですね。
(^Q^)アーン

ご自身でされると言う点がすばらしい☆
| くり | 2005/11/13 8:21 PM |
− POST A COMMENT −









▲ PAGE TOP

TRACK BACKS

− TRACK BACK URL −
http://fumi380.blog.bai.ne.jp/trackback/26466

▲ PAGE TOP


08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
CATEGORY ARCHIVES PROFILE LINKS RECENT COMMENTS RECENT TRACKBACKS OTHERS