竹取物語

ようこそ!!

シニアのかぐや姫が語る、日々の出来事・感じた事など・・・。

      またのお越しをお待ちしております。



           

2005.12.29 Thursday

続・十二支に猫は・・・?

十二支のうちネズミが一番になって、猫が入っていないわけは・・・?

神様が動物たちに「一年の初めの日に集まるように。 一番初めに来た者から十二番目までの者に名誉の職を与えよう」とおふれを出しました。

ネズミは一番の職は、王様の職かもしれないと思い、どうすれば大きく強い動物や、早く走る者たちに勝てるかと考えました。

猫は名誉の職は、何もしないで眠っていればよいという仕事かもしれないと思い、うっとりとして寝てしまい、集る日を忘れてしまいました。

「集る日はいつでしたか?」とネズミに聞きに行きました。
ネズミは「一年の初めの次の日です」とうそをつきました。
それを聞いた猫はまた眠り始めるのでした。

ネズミはその日が来ると、イノシシの背中に乗りましたが、走りに走るだけで何処に連れて行かれるか分かりません。

そこで通りかかった犬にしがみつきます。 すると所々でオシッコをするではありませんか。

乗りにくいので、鶏、サル、ヒツジ、馬・・・・・と次々乗り換えて、最後は牛の背中に揺られて行きました。

こうして神様の門前にやってきた牛がお辞儀をした途端、ネズミは門の中へ転げ落ち、一番乗りを果たします。

牛、トラ、兎、竜、ヘビ、馬、ヒツジ、サル、鶏、犬、イノシシの順に集って来ました。

神様は「おまえ達十二の者どもは、これから一年ずつ、その年に生まれた人達が幸せになるように守ってやるがよい。 今年はネズミがその当番である」とおっしゃいました。

そうして動物たちはニコニコ笑いながら、それぞれの家に帰りましたが、その時になっても猫はまだ寝ていたということです。
      (じゅうにしものがたり 瀬川 康男 作)から

かぐや姫に絵本を読んでもらっていたら、”もも”は眠くなって寝てしまいました。zzzzzzzzz
           
                   猫 ”もも” 猫

▲ PAGE TOP

COMMENTS

− POST A COMMENT −









▲ PAGE TOP

TRACK BACKS

干支の話

干支を「えと」と読みますね。「かんし」とも読みます。この「干支」に関するうんちくです。

| 雑学大全 | 2007/07/26 7:18 AM |
− TRACK BACK URL −
http://fumi380.blog.bai.ne.jp/trackback/32332

▲ PAGE TOP


05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
CATEGORY ARCHIVES PROFILE LINKS RECENT COMMENTS RECENT TRACKBACKS OTHERS