竹取物語

ようこそ!!

シニアのかぐや姫が語る、日々の出来事・感じた事など・・・。

      またのお越しをお待ちしております。



           

2006.10.27 Friday

名残惜しい 余部鉄橋!

JR山陰線香住駅から乗車、鎧駅を過ぎてトンネルを出ると余部鉄橋。
日本海から打ち寄せる白波の立つ海岸が眼下に見え、見とれている間に鉄橋を渡り、余部駅に着く。
下車して振り返ると、線路の向こうにトンネル口が小さく見える。
撮影スポットになっている丘に上がると 、、長さ309m、高さ41.45mのトレッスル式鉄橋が見渡せる。
橋脚を見ながら小道を下る、橋脚の両側には集落が広がっている。
下から見上げると確かに高い! コレはまさしく日本一高い鉄橋だ!
1997年に塗装補修されたと言う橋脚は、秋の陽を受け赤く鮮やか。
残念ながらツアーのため、列車が橋を通過す場面を見ることが出来なかった。
90年以上風雪にもよく耐えたが、来春にはコンクリート橋に架け替える工事が始まると言う。
悲しい事故もあったけれど、永年ココの景色に溶け込んだ名物の鉄橋が取り壊されるのが名残惜しい。。。
2010年、新しい橋はどのような姿を現すのでしょうか?       (10月24日)

余部駅から  鉄橋山手側  鉄橋海側

▲ PAGE TOP

COMMENTS

スコルモアさま
「余部鉄橋」 初めて見ましたが、私も強烈な印象を受けました。
工事が始まる前に見ておきたいと思って行ってきました。
JR灘駅も建て替えなんでしょうか?

| かぐや姫 | 2006/11/01 9:26 PM |
こんばんは。
初めて見た「余部鉄橋」、その印象は強烈でした。なくなるのは本当に残念です。
そうそう、地元の昭和9年生まれのJR灘駅も年末に取り壊されちゃうのです。こいつも趣きある駅舎なんですが・・・。
| スコルモア | 2006/11/01 2:51 AM |
− POST A COMMENT −









▲ PAGE TOP

TRACK BACKS

さようなら〜 余部鉄橋

今日、18日の毎日新聞 「余録」から、 余部鉄橋(JR山陰線 兵庫県香美町)のコンクリートの新しい橋が来月開通する。 鉄橋と喜びも悲しみも共にしてきた住民らは鉄橋の運行最終日16日、お別れ式を行った。 1世紀にわたる使命を終えた鉄橋の解体作業は17日か

|  月の滴 | 2010/07/20 12:25 PM |
− TRACK BACK URL −
http://fumi380.blog.bai.ne.jp/trackback/70657

▲ PAGE TOP


08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
CATEGORY ARCHIVES PROFILE LINKS RECENT COMMENTS RECENT TRACKBACKS OTHERS