竹取物語

ようこそ!!

シニアのかぐや姫が語る、日々の出来事・感じた事など・・・。

      またのお越しをお待ちしております。



           

2006.12.02 Saturday

南禅寺名物・湯豆腐の店で、かぼちゃと鬼に会う

南禅寺門前の湯豆腐店の暖簾をくぐると・・・
縁先に色とりどりの「かぼちゃ」が置かれていて。見る
形が瓢箪のようなのでお店の方に尋ねると、、、
京都の伝統野菜「鹿ケ谷かぼちゃ」と教えてくれた。
「これは真中で切ると、大小2つのかぼちゃになるねー」と言うと、「そうですねー」と、、顔は確かに笑っていた。冷や汗
昔は鹿ケ谷で作られていたが、今は洛北、洛西で作られているらしい。このかぼちゃで毎年7月25日、東山の安楽寺にて中風よけの「かぼちゃ供養」と言う行事があるそう。

座敷の壁には、昔の色々な看板のコレクションが一面に掛けられている。
案内されたテーブルの所には「鬼の看板」が掛かっていて。びっくり
腹痛薬の宣伝のようで・・鬼のお腹に「はらいたのくすり」、金棒には薬の名が。
ここは、湯豆腐のお店、消化が良いし、あたる事も無い。
鬼さんに見守られながら?美味しく頂きました。グッド
(11月30日)

かぼちゃ 鬼の看板

※ 写真はクリックで大きくなります

▲ PAGE TOP

COMMENTS

− POST A COMMENT −









▲ PAGE TOP


08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
CATEGORY ARCHIVES PROFILE LINKS RECENT COMMENTS RECENT TRACKBACKS OTHERS