竹取物語

ようこそ!!

シニアのかぐや姫が語る、日々の出来事・感じた事など・・・。

      またのお越しをお待ちしております。



           

2005.09.18 Sunday

里芋のきぬかづき

十五夜は別名”芋名月”とも呼ばれ、日本人が里芋を主食としていた頃、里芋の収穫時期がちょうど旧暦の8月だったためと言われています。
原産地はインドから中国南部にかけてで、日本には縄文時代に入ってきたと言われています。

スペード里芋のきぬかづき・・・電子レンジで簡単に作れる

・材料
  里芋(丸い小芋)・・・5個(200グラム)
  塩・・・少々
  黒ごま・・・少々

・作り方
(1).小ぶりな里芋を良く洗い、底を少し切って平らにし、上部皮目にぐるりと切れ目を入れる。
耐熱皿に里芋をのせラップをかけて、レンジ(600W)で約3分加熱。
(2).(1)の上部の皮をむいて塩、ごまをふる。
(里芋の大きさ、種類により加熱時間は多少変化します)

切れ目の入った部分から皮をむいて食べます。
レンジ加熱後、オーブントースターで少し加熱すると水分が飛んで美味しい。

         きぬかづき

▲ PAGE TOP


02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--
CATEGORY ARCHIVES PROFILE LINKS RECENT COMMENTS RECENT TRACKBACKS OTHERS