竹取物語

ようこそ!!

シニアのかぐや姫が語る、日々の出来事・感じた事など・・・。

      またのお越しをお待ちしております。



           

2006.01.17 Tuesday

神戸の壁

明石海峡大橋を渡り、淡路市志筑(旧、兵庫県津名郡津名町志筑)しづかホール横に建つ「神戸の壁」を見てきました。
津名にゆかりの「静御前」の銅像(新谷 英子 制作)に並んで建っています。
高さ約7メートル、幅約14メートルの壁面に、7日〜17日までライトアップされます・・・・・夕方までいて見ればよかった・・・・・。

「神戸の壁」の由来
昭和2年頃、神戸市長田区若松町市場の延焼防火壁として建てられた。
第二次世界大戦の空襲に絶え残り、又、阪神淡路大震災においては、建物は倒壊全焼したが、この壁だけは「倒れず、焼けず」多くの人を救い導き、荒廃したなかに堂々と建ち残っていた。
「歴史を語る生き証人」である・・・・・と、碑のプレートに刻まれています。

神戸の壁よ永遠なれ
「震災を決して忘れてはならない」と発足した、リメンバー神戸プロジェクトは被災物を鎮魂と復活発展のため、指針シンボルとして保存する活動を展開。
神戸市長田区若松町3丁目の瓦礫の中から一片の残壁を「神戸の壁」と命名。
津名町が受け入れ11年2月11日移設、永久保存となったそうです。
(碑のプレートに刻まれた文から)



「神戸の壁」と「静御前」


2013.11.18 追記.
神戸の壁は、2009年1月に野島断層を保存する北淡震災記念公園に移設されています。

2014.01.19 追記.
この記事の一部分を編集して、ブログ「月に昇るその日まで」に移しました。
神戸の壁 ‥2006.01.17‥」2014.01.19

▲ PAGE TOP

COMMENTS

− POST A COMMENT −









▲ PAGE TOP

TRACK BACKS

1.17

1995年1月17日の早朝、仁川右岸が崩れ落ち、大量の土砂が西宮市仁川百合野町と対岸の仁川町6丁目を襲い、13軒の民家をを飲み込み34人の尊き命が奪われました。この仁川百合野町に97年11月「仁川百合野地すべり資料館」が開館しました。2階は復旧工事な

| スコルモアの「うらおもて てってのて」 | 2006/01/19 2:59 AM |
− TRACK BACK URL −
http://fumi380.blog.bai.ne.jp/trackback/34901

▲ PAGE TOP


08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
CATEGORY ARCHIVES PROFILE LINKS RECENT COMMENTS RECENT TRACKBACKS OTHERS