竹取物語

ようこそ!!

シニアのかぐや姫が語る、日々の出来事・感じた事など・・・。

      またのお越しをお待ちしております。



           

2005.07.11 Monday

かぐや姫とアスベスト

毎日新聞の”余録”を読んで知りました。読書

かぐや姫が求婚者の一人、阿部の右大臣に出した難題の「火鼠の皮衣」は「火浣布」という石綿(アスベスト)の布とみられる。びっくり

中国の言い伝えによると、火鼠ははるか南海の火山の中にすむ巨大ネズミで、その毛を刈って織れば「火浣布」という布になり、汚れても火中に投ずればきれいになるといわれる。(余録より)

右大臣が唐に使いを出して手にいれた「火鼠の皮衣」は、ニセモノで燃えてしまったが、その耐熱性など便利な特性から建材その他に多用されてきた石綿(アスベスト)による健康被害が、今大問題になっています。悲しい

月

竹

▲ PAGE TOP

COMMENTS

− POST A COMMENT −









▲ PAGE TOP

TRACK BACKS

− TRACK BACK URL −
http://fumi380.blog.bai.ne.jp/trackback/9459

▲ PAGE TOP


12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
CATEGORY ARCHIVES PROFILE LINKS RECENT COMMENTS RECENT TRACKBACKS OTHERS